健康に気を使いませんか|コレステロール値を効果的に下げる食事法

女の人

栄養のバランスがいい

笑顔の老人

スピルリナとは湖に生息する藻の一種で、健康食品として注目されています。スピルリナはそのまま摂取するのではなく、錠剤や粉末のサプリメントとして摂ることが多いのです。スピルリナはタンパク質や必須アミノ酸やビタミンB群など、多くの栄養素が含まれています。摂取することで免疫力が上がり便秘や貧血も改善します。

もっと読む

多彩な能力を求められる

栄養補助食品

最近サプリメントで注目を集め始めている健康素材がスピルリナです。アフリカなどの湖に自生しているもので、地球上には30億年も昔から存在していた大先輩です。数十種類のもなる栄養素を含んでおり、不足しがちなミネラルやビタミンを効率的に補えるのです。

もっと読む

毎日の対策が必要

女性とメジャー

コレステロール値が高いと診断されると、どのように下げてよいのかわからないことがあります。血液内のことなので自覚が少なく、ほっておくと動脈硬化を起こし、心筋炎や心筋梗塞、脳こうそくなどを起こす危険性があります。コレステロール値を下げるには、食事に注目します。下げるのに良い食事は和食で、野菜たっぷりのメニューが良いでしょう。油もサラダ油ではなく、オリーブオイル、えごま油、アマニ油を利用するようにします。これらの油はカロリーは高いですが、血液中の悪玉コレステロールを減らすことができます。また、青魚に含まれている油も悪玉コレステロールを減らす働きがあります。いわしやサンマ、さばには特に多く含まれているので、積極的に食べると良いでしょう。

良質な油は、血液中の悪玉コレステロールを減らします。オリーブオイルであれば大さじ1杯、えごま油やアマニ油であれば小さじ1杯が目安です。えごま油は多くとりすぎてしまうと前立腺がんにかかってしまう可能性があるので、取りすぎには注意するようにします。また、これらの油は熱に弱い性質があるので、できるだけそのままの状態で食べるようにします。青魚であれば、1日に1食は食事の中に取り入れたいですが、毎日食事に取り入れるのが困難な場合はサプリメントなどを利用しても良いでしょう。野菜や海藻類、果実類もコレステロールを下げる働きがあります。特に下げる効果が高いのはりんごです。りんごには、水様性食物繊維が豊富でリンゴポリフェノールが含まれています。この働きがコレステロールを下げることができるので、1日1個皮ごと食べるようにします。

意外な効能とサプリメント

魚

DHAは一般的に知られている脳・目・血液に対しての効果だけでなく、認知症やうつ病にも効く成分なのです。しかし、日本では魚を食べる機会が少なくなり、体に必要な量のDHAを摂取するのが難しくなってきています。そんな時は、サプリメントを効果的に利用して、DHAを上手く摂取していきましょう。

もっと読む